学校におけるマネジメントについて学習ー初任者研修

昨日は初任者研修が行われた日でした。

初任者の参加者たちは研修のため勤務後に教職大学院に集まりました。

この研修は、Tコースの院生も一緒に受講します。

昨日は、「学校・学級経営Ⅰ」の最終日でした。

船越先生からは、

image1「学校におけるマネジメント」という観点を提示され

学校経営におけるマネジメント、学級におけるマネジメント、という様々なマネジメントについて検討しました。

谷尻先生からは、班替え・席替えの考え方について提示があり、

受講生みんなグループワークしながら、それぞれの方法の長所・短所について

検討し合いました。

image2

image3

学級づくりにおいて、班や小集団の果たす機能は

とっても重要で、その機能をうまく活用することで、学級の集団凝集性が高まり子どもたちの学習や生活に資するものとなる、ということが学習できた様子でした。

来週も初任者研修がありますね。

一緒にがんばって成長していきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする