学部の授業科目「教職実践演習」に協力しました。

2月19日に実施された和歌山大学教育学部4回生のための授業科目「教職実践演習」の一環として行われる「現職教員との交流」の機会に、教職大学院の学校改善マネジメントコースの院生たちと、初任者研修プログラムに参加する初任者数名が協力しました。

学部生を少人数グループに分けて、それぞれグループに現職院生1人ずつ配置。

学部生から出る質問に答えました。

学部4回生にとって、実習を経験して改めて感じた疑問や、次年度以降現場に出て教師となるにあたって不安に感じていることなど、いろいろ聞く機会となっています。

学校改善マネジメントコース1年生の院生8名全員が、それぞれのグループで丁寧に質問や不安に応えてあげていました。

未来の後輩たちと、次に会うのは学校現場かもしれませんね。

現職院生の皆さん、ご協力ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする