月曜は実践力向上のチャンス!

月曜日、実習生は週1回の実習日です。

Tコースの学生にとっては、教室での学習を実践的な場面で生かしてみたり、

実践的な状況に置き換えて適応してみる大チャンスですね。

理科の補助 修正

中学校では、授業参観の合間に、院生が理科の授業で実験のお手伝いを行いました。

院生の担当する教科とは異なりましたが、中学生たちがどのような姿勢で学習に取り組んでいるのか、実験を行う班での様子はどういった感じなのか、等

生徒理解が深まった様子でした。

小学校では、2年生の学級が、学校近くで農業をされている地域の方のとこ
ろへインタビューに行ったので、
院生2名が引率補助で同行しました。

IMG_0626子どもの安全を考えながら、引率していきました。IMG_0629 IMG_0635 IMG_0637

インタビューでは、国語で習った「話す」「聞く」の活動を意識しながら、お話を聞けるように助言をするのが難しいと感じたようです。

観察でも、生活科や国語科で学習した内容を思い出しながら観察してみようね、と子どもにアドバイスして回りました。

子どもの気づきを促すように、なんて声をかけてあげたらいいのか、となかなか苦戦している様子でしたが、それでも何とかできていたようでした。

院生も日々、成長している様子が見られました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする