学校改善マネジメントコースもアクティブ・ラーニング

学校改善マネジメントコース(Mコース)の授業も、もちろんアクティブ・ラーニングで学習していけるようにデザインされています。

今日の午前中は、二宮先生、藤本先生、岡崎先生、須佐先生の4名で担当されている「授業研究の理論と実践」です。

image3

今日は授業1回目なので、理論的な部分を中心に学習するのですが、単に理論の講義ではないところが、教職大学院です。

授業研究にかかわる3種類の資料を読み取り、3つのブループでそれぞれ1つを分担して発表します。

一生懸命文章を読み取り、

image1

各グループにわかれて発表の準備中。

発表と質疑応答は白熱したので、授業時間を20分も延長してしまいました。

学びの共同性を体験的に実感した金曜の午前中でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする