教師として和歌山県の子どもの未来を担うために・・・

今日から7月になりました!

早いもので、第2クォーターも折り返し地点です。

木曜日の学校改善マネジメントコース(Mコース)は、午後から「基礎基本学習指導方法」の授業でした。今日の前半は、ゲストティーチャーとして中山先生に、和歌山県の学力向上のための取り組みについて説明していただきました。

IMG_4344

秋田県の教育委員会の方と交わした裏トークの内容も聞けて、他県と比較する視点からも、和歌山県の取り組みを分析できました。

そして、同時刻の別室では、

IMG_4346授業実践力向上コース(Tコース)の院生が、須佐先生にお願いして、教員採用試験の面接練習を実施していました。

緊張すると、なかなか普段通りに自分の思ったことを伝えられないものですね。

練習とはいえ、皆、真剣に面接を受けていました。

どのような教師になって、どのような子どもを育成したいと考えているのか。和歌山県の教育振興計画等を参考にしながら、自分の考えを練りあげて、それをうまく伝えることができるよう、努力していました。

もうすぐ本番です!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする