初任者研修プログラムを文科省の方が視察に来られました。

和歌山大学教育学部附属中学校での講演を終えられた文部科学省の高等教育局大学振興課教員養成企画室長の柳澤好治氏が、7月6日(水)に、和歌山大学教職大学院が行っている初任者研修プログラムについて、視察に来られました。

午前中は、教職大学院の院生たちと交流され、大学院での学びについてお話しました。

IMG_4372

学校改善マネジメントコースの学生たちが、どのような問題意識で進学してきたのか、どのような課題を設定して追究しようとしているのか、について院生たちが説明していました。

また、授業実践力向上コースの学生たちも、実習先でどのようなことを学習しているのか、について語っていました。

その後、初任者研修の実際の様子を観察していただくため、初任者の小学校へ。

初任者2名の授業を参観していただきました。

IMG_1467792672000_14コピー

IMG_1467792672000_19コピー

IMG_1467792674000_41

その授業のカンファレンスにもご参加いただき、実際のどのように初任者への指導を行っているのか、視察していただきました。

IMG_1467792674000_40

IMG_1467792674000_42

ご視察いただいた柳沢氏は、教職大学院における院生たちの学習状況や、初任者への研修プログラムとしてはもちろん、プログラム連携校では、その学校の先生方が積極的にカンファレンスにご参加くださり、初任者の研修の場を校内研修の場としている学校の姿勢に、大変興味を示しておられました。

初任者にとっても、連携校に行かせていただいている実習の院生にとっても、カンファレンスでの先生方からのご指導だけにとどまらず、今回の緊張感のある場の設定が、ある種の学びとなったかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする