今日の「生徒指導と体制」の授業は楽しそう!

今日の午後は、学校改善マネジメントコース(Mコース)の授業「生徒指導と体制」でした。「育成的対応」を学習する回で、「自律」と「セルフコントロール」を行うことで、心身両面をホリスティックに捉えた自己および他者とのかかわり方を学びました。

image1

学校現場でも、「ストレスマネジメント」として生徒指導や校内研修で取り入れらていますね。

自分をコントロールすることは、実はリラクゼーションとも深く関わっているのだなぁ、と気づきました。

image2

実技ありで、実践しながら呼吸法や肩のリラックス法などを学び、皆さん楽しそうでした。

衣斐先生の穏やかな声が、とても指導内容とマッチしていて、午後からの授業としては非常に楽しそうな様子でした。

中山先生の肩こりも、ちょっとは楽になったでしょうか??

子どもたち自身が様々なストレスを抱えている現代において、教師が生徒指導の一部としてストレスマネジメントやリラクゼーションについて知っておくのも、重要なのですね。

私も是非とも受けたい授業でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする