複式学級の授業の様子を参観

火曜日午後の授業「小規模校支援」の授業では、実際に複式で授業を行っている様子を参観するために、附属小学校の複式学級に行ってきました。

%e9%99%84%e5%b1%9e%e8%a4%87%e5%bc%8f

院生みんなで参観。

まず、1・2年生複式算数授業を参観させていただき、教師の「渡り」の様子などを見学。

%e9%99%84%e5%b1%9e%e8%a4%87%e5%bc%8f%ef%bc%92%e4%bf%ae%e6%ad%a3

あまり複式学級を実際に見たことがなかったTコースの院生は、子どもたちが自律的に学習を進めていく姿に驚いた様子でした。

また、1年生が「絵で考え方を表現する能力」にもびっくりしましたね。

そのあと、5・6年生の総合的な学習の時間の授業を参観しました。

%e9%99%84%e5%b1%9e%e8%a4%87%e5%bc%8f%ef%bc%93%e4%bf%ae%e6%ad%a3

子どもたちが意見を出し合って、今後の学習を進展させていました。

ここまでの座学での学習が深まる参観となったようでした。

次週は、参観の結果を院生同士で話し合い、議論するとのこと。さらに深まる予感がしますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする