秋は研究授業の季節・・・

ようやく秋らしくなったと思ったら、日中に28〜27度になる日もあったり、気候が変ですが教職大学院の院生さんたちは、日々の勉学にいそしむ秋です。

img_5903先日は、朝のミーティングにてMコースの院生さんたちによる学習成果の発表がありました。小グループに分かれて道徳の授業を実践する課題が出ていることもあり、グループメンバーの一人の勤務校に行って、グループで考えた道徳の授業を実践するところを参観してきました。

また、その学校には全校の取り組みとして「立腰」という腰を立てて姿勢を正して座る、ということを意識する時間を設けているとのことで、その取り組みについても紹介がありました。

これから、附属小学校・中学校だけでなく、和歌山市内でも研究授業が実施される予定で、各自が申し込みを行っています。今後も、院生による学習成果の発表が聞けるとうれしいです。

それぞれの取り組みから多くがいい学べる機会ですから、積極的に学習していってほしいですね。

Mコースの先生方をお手本に、Tコースの院生も負けじと研究授業に参加して、学習を深めていってほしいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする