改善を重ねて臨んだ授業

今日の学校インターンシップでは、Tコースの学生が実習先中学校で、一年社会科地理的分野の「日本のさまざまな自然災害」の授業をさせていただきました。

前回の記事でも書いた、金曜にある「課題分析」の時間にプレとして行ったものでしたが、

内容は先日の模擬授業を受けて、さらに改善して、実習校の中学校区のハザードマップを取り入れました。

また、日本地図の掛図を用意して、地形や気象条件的な面からも説明を加えることができました。

さらに、プレでは時間がなくてできなかった、最後のまとめとして授業の感想まで書かせることもできていました。

授業後にも、生徒たちから声をかけられ、どうやら好評だったようです。中学校の先生からも「また、三月にやってもらえますか?」と言われるくらい、しっかりと教えていました。

改善を重ねた成果が出ていたようですね!

これからも、改善を重ねて更にいい授業を追究していってほしいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする