実習先での指導にもICT活用

和歌山大学教職大学院では、毎週月曜日に実習に行きます。
Mコースは現任校に実習に行きますが
授業実践力向上コース(Tコース)は実習協力校に毎週月曜日に行きます。
まだ実習も始まったばかりなので、観察実習が中心ですが
体力測定のお手伝いや、読み聞かせの活動などで少しずつ子どもたちと関わる機会も
増えてきています。

初任者研修プログラムに参加している初任者教員も、実習校に勤務しているので
月曜の夕方には、初任者の授業についてカンファレンスを行います。
その際には、実際の授業の様子を見ながらできるようICTを活用しています。20160511

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする