予防としての生徒指導

Q2の火曜日の午後にある、学校改善マネジメントコースの1年生と、授業実践力向上コースの2年生の授業「生徒指導と体制」では、「予防としての生徒指導」の一環として、リラクゼーションやストレス・コーピングについて体験的に学習していました。

授業担当の衣斐先生による、ストレッチして体を緩める方法の実演。

肩、背中、腰、をゆっくり押しながら緩めていきます。

その後、ペアになって実際にやってみます。

・・・体が伸びて、気持ち良さそうですね。仲間に入れて欲しかったです。

7月終わりで、この授業も終盤をむかえ、リラクゼーションできるゆったりした午後を体験していた院生たちでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする