初任者の模擬授業とその協議

10月19日は夕方から初任者研修プログラムに参加する初任者が、大学院の授業を受講するためにやってきました。

第3クォーターの「授業・教材研究Ⅱ」もこの日が最終日でした。

19日は、初任者による模擬授業を実施しました。初任者の担当する小学校2年生の算数の授業を実施してくれました。

単元は「かけ算」の後半です。2の段から8の段まで習ったことを前提に、ここまで習ったかけ算を使って、箱に入ったチョコレートの数の求め方を工夫しようという授業でした。

まず個人思考して考えました。

次に、発表してもらって、全体で解き方を共有しました。

院生と初任者の小2役も、なかなか板についています。

授業後、グループに分かれて協議を行い、授業の良かった点と改善案について話し合いました。

それぞれのグループでの話し合いも、第1・第2クォーターに比べてより内容が濃くなり、どの点がどのように良かったのか、あるいはどのような改善案が考えられるのか、議論できるようになっていました。

また、この第3クォーターの「授業・教材研究Ⅱ」の重要な観点である「単元づくり」という点から、その授業を考察している意見も聞かれました。

最後に、須佐先生と貴志先生からコメントをいただきました。

須佐先生のコメントでは、授業者が苦手と感じている表情やオーバーアクション等の演じる部分について指摘がありました。

また、貴志先生からは、教師がその授業で教えたいと意図する通りの展開に沿って指名できるようになるためには、机間指導が重要であるというお話をいただきました。

とはいえ、授業者の丁寧な指示、臨機応変な対応、子どもの言葉を敏感にキャッチして返しているところなど、非常によい授業でした。

この日の後半は、第3クォーターの振り返りを行いました。

授業者も、受講者も、協議の結果や指導助言を受けて、さらに成長してほしいですね。今日行った振り返りを土台に、日々成長していってほしいと思います。がんばっていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする