小規模校実習でフィールドワークに行きました!

授業実践力向上コースの1年生の小規模校実習も無事に1週間目を終えました。

それぞれの実習校で授業を参観させていただいたり、指導を経験させていただいています。

←算数の授業を参観

調理室で大豆が「すがたを変える」実習を行っている授業を補助させていただいています。→

国語の授業から派生した調理実習かな?

1年生の算数の指導。

なかなかいい雰囲気で指導を進めていました。

そして、週末の土曜日は、地域のフィールドワークに行きました。

午前中のくじら博物館を訪問しました。

学芸員の先生が、院生に色々と生物学的な話を説明してくださいました。

そして、いかに苦労をしながら博物館が学校と連携を進めているのかがよくわかりました。

学校側の人間となる予定の院生にとっては、苦労がありながらも学校との連携に取り組んでくださっている方のお話を聞け、いい勉強になったと思います。

イルカもクジラも可愛いし、癒されますね。

午後からはマグロの養殖とエルトゥールル号記念館を見学しました。
いけすを間近に、近大のマグロ養殖について、説明を受けました。

マグロは本当に圧巻でした。

こんなに近くで実際の養殖の様子が見られるなんて、本当に幸運です。コーディネートしてくださった坂本先生に、大感謝です。

施設の方の説明もわかりやすく興味深いものでした。
院生たちもいろいろと質問もし、院生同士だいぶ打ち解けた感じで仲間意識が高
まっているように思います。

残りの1週間も、全力で頑張ってほしいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする